平成最後の年に…「日本バイクオブザイヤー」初開催のワケ

第1回はカワサキ「Z900RS」

 日本二輪車文化協会(東京都港区、吉田純一会長)は19日、第1回「日本バイクオブザイヤー2018」に川崎重工業の「Z900RS=写真」を選んだと発表した。昔ながらのスタイルと最新技術を兼ね備えた性能などが一般投票や選考委員から高い評価を得た。

 日本バイクオブザイヤー2018は、オートバイ文化の確立と市場活性化を目指して創設された。その年の人気、機能、デザインなどに優れた2輪車を表彰する。

 同日、東京都内で開いた表彰式で、川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニー技術本部第二設計部第二課の萩尾清二課長は「魅力ある商品を今後も開発していきたい」と喜びを語った。

 部門別では、小型二輪クラス賞がZ900RSだったほか、軽二輪クラス賞はスズキの「Vストローム250」、外国車クラス賞に伊ドゥカティの「パニガーレV4S」、原付クラス賞はホンダの「モンキー125」が受賞した。ロングランヒット賞には、ホンダの「スーパーカブ」シリーズとヤマハ発動機の「SR400」が選ばれた。
(2018年12月20日掲載)

2回、3回と回を重ねる


 「賞をきっかけに2輪車を盛り上げたい」と意気込むのは、神戸情報大学院大学(神戸市中央区)副学長の福岡賢二さん。第1回「日本バイクオブザイヤー2018」の選考委員を務めた。

 自身は「バイクと共に生活している。見ているだけでも良い」というバイク好き。仲間とのツーリングでおいしいものを食べるのも楽しみだとか。

 日本バイクオブザイヤーは知名度が課題で「2回、3回と回を重ねることが重要」と説く。日本の2輪車文化の加速に期待を寄せる。
(2018年12月21日掲載)







日刊工業新聞2018年12月20日

梶原 洵子

梶原 洵子
12月22日
この記事のファシリテーター

なかったんだ!と驚きました。日本にはバイク大手がそろってるので、市場としては小さいですが、注目される機会が増えていってほしいです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。