炭素繊維骨格のマクラーレンは2.9秒で時速100km!

「720S スパイダー」、日本では3月から納車

 マクラーレン・オートモーティブ・アジア(東京都港区、正本嘉宏日本支社代表、03・6675・4313)は28日、新型スポーツカー「720S スパイダー」を日本で初めて公開した。車の骨格部品に炭素繊維を採用し、車体重量を抑えつつ、俊敏な走行性能を実現した。想定価格は3788万8000円から。日本市場では3月から納車を始める。

 スポーツカー「スーパーシリーズ」の主力車種として投入する。重さは1332キログラムとクラス最軽量。最速11秒で開閉する電動式のハードトップを採用し時速50キロメートルまでであれば走りながら開閉できる。ルーフパネルのガラスは透明、半透明に切り替えることが可能だ。

 排気量4000ccのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載した。最高出力は720馬力。時速0キロメートルから時速100キロメートルまで2・9秒で加速する。

日刊工業新聞2019年1月29日掲載

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。