新車販売は18年も好調、でも唯一2桁減のメーカーは?

自販連と全軽協調べ、2年連続で500万台超え

 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽協)が7日まとめた2018年の新車販売台数は、前年比0・7%増の527万2067台となり、2年連続で500万台を超えた。各社が18年の夏に販売した全面改良の新車などが好調で、高水準を維持している。ただ、SUBARU(スバル)など検査問題が尾を引き、販売の回復が鈍いメーカーも残っている。

 登録車は同1・3%減の334万7943台で、3年ぶりにマイナスに転じた。前年比では減少したが、2年連続で330万台を超えるなど高い水準を維持しており、自販連は「過去10年の(暦年の)統計をみても悪くない水準だ」と話す。乗用車は同1・6%減の289万5454台、貨物車は同1・5%増の43万8787台、バスは同12・1%減の1万3702台だった。

 軽自動車は同4・4%増の192万4124台と2年連続でプラスとなった。内訳では乗用車や貨物車など全ての項目で前年超えとなった。全軽協は「新型車の効果が続いており、(暦年の統計で)5番目によい数字だ」と評価した。

 12月単体の新車販売は前年同月比1・7%減の38万7525台で、2カ月ぶりに減少した。内訳は登録車が3カ月ぶりにマイナスとなり、軽が6カ月連続のプラスとなっている。
                     

日刊工業新聞2019年1月8日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。