生活習慣の改善をAIがお手伝い

SOMPOヘルスサポートがバイオベンチャー企業と共同開発へ

 SOMPOヘルスサポート(東京都千代田区、角秀洋社長、03・5209・8500)は、バイオベンチャーのメタジェン(山形県鶴岡市)と生活習慣改善策を提案する人工知能(AI)の共同研究開発することで合意した。

 SOMPOヘルスサポートが手がける生活習慣改善支援のノウハウと、メタジェンの腸内環境解析技術を融合することで腸内環境タイプに合わせて、層別化した生活習慣改善支援サービスの開発を進める。

 個人の健康診断結果や生活習慣などに新たに腸内環境解析結果を加え、対象者に最も効果的とみられる減量などの改善策を予測するAIを開発する。モデル事業を通じて取得するデータによる再学習で予測精度を上げていく予定。近年の研究では健康維持と腸内環境が密接に関わっており腸内環境は個人ごとに異なることが明らかになっているという。

日刊工業新聞2018年12月28日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。