駅の“手荷物預かり”予約サービスが拡大

JR東日本、東京駅に続き品川駅・池袋駅にも導入

 JR東日本は東京駅構内で提供する予約のできる手荷物預かりサービス「ecbo cloak(エクボ・クローク)」を、15日から品川、池袋の両駅でも導入する。グループのジェイアール東日本物流が運営する手荷物預かり所で、荷物サイズにかかわらず1個、1日800円(消費税込み)で預かる。提携するベンチャー企業のecbo(エクボ、東京都渋谷区)のシステムを利用。専用のウェブサイトで予約・決済してサービスを利用する。

 大きな手荷物を引きずり駅構内の空きコインロッカーを探す手間を解消でき、訪日外国人客へのサービス向上にもつながる。

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。