ホンダの2輪がアジアで勢い増している

インドが牽引、18年3月期は1660万台超に

  • 0
  • 4
アジアは2輪市場の成長が続いている(インドネシア、ジャカルタ市内)
 ホンダのアジア・大洋州地域での2輪車事業が好調だ。特に成長市場のインドでは災害などのマイナス影響はあるものの前年度の販売は上回る見通しで、生産拠点や販売網も強化する。アジア・大洋州地域での2019年3月期の2輪車販売台数見通しは、18年3月期実績1660万台を超える勢いで、インドを中心に2輪車事業をけん引していく。

 22日にホンダ本社で開いた取材会で、インド市場について五十嵐雅行執行役員アジア・大洋州本部長は「人口のボリュームが期待できる市場なのは間違いない」と成長への期待を語った。19年3月期の販売見通しは「インド南部の洪水影響や自賠責保険の制度改定、免許登録制度の厳格化」(五十嵐執行役員)といったマイナス影響はあるものの、18年3月期実績の578万台以上の販売台数を見込む。

 また、インドでの販売活動では都市部からの展開が主だったが、各地域ごとにベテランの営業担当を配置するなどきめ細かい販売網の質を高める考えだ。インドでの生産能力は640万台から、同国でのスクーター専用工場を増強し20年には同700万台に引き上げる計画という。

 環境規制が強化されるインドにおいて2輪車の電動化への対応については、「国の電動戦略を注視しながら情報収集している」(同)と語った。
(文=山岸渉)

日刊工業新聞2018年11月23日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる