トヨタ、予防安全TSS搭載車の世界累計販売1000万台超え

 トヨタ自動車が、衝突回避支援などの機能で構成する予防安全パッケージ「トヨタ・セーフティー・センス」(TSS)を搭載したクルマの世界販売が、11月内にも累計1000万台に到達する見通しとなった。自動車メーカーで同様の機能を付けたクルマの販売が節目の1000万台を超えるのは初めてとみられる。トヨタは2015年3月に小型車「カローラ」からTSSの搭載を始めた。普及価格帯の技術として展開を推進する。

 トヨタは15年に投入したTSSに小型車向けの「C」と、中・上級車向けの「P」の2種類をそろえ、17年末までに日米欧のほぼすべてのクルマに設定した。Cはレーザーレーダーと単眼カメラ、Pはミリ波レーダーと単眼カメラを用いて前方車両への衝突回避を支援する「プリクラッシュセーフティー」などの機能を備える。

 現在のTSSはCとPを統合した第2世代で、ミリ波レーダーと単眼カメラの性能を向上させている。例えば、Pに付いていた夜間の歩行者認識技術は、歩行者の下半身をロービームで照射した段階で認識できるようにした。第2世代のTSSは、1月から高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」を皮切りに搭載をはじめ、日米欧で発売する新型車のほぼすべてに搭載していく。

 TSSは、高級車ブランド「レクサス」の旗艦セダン「LS」に搭載した機能の一部を小型・共通化、低コスト化し、普及技術に落とし込んでいる。

 同一車線内の中央を走行するためにステアリング操作の一部を支援する機能や先行車の走行軌跡に合わせる渋滞追従機能、自転車を高精度に認識する機能などを搭載。交通事故予防や将来の自動運転技術の基盤にもなる。

日刊工業新聞2018年11月13日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。