山岳トンネルの切羽作業にAI

西松建などがシステム開発

 西松建設はsMedioと山岳トンネルの切羽(掘削面)作業内容を人工知能(AI)で自動判別する「掘削サイクル判定システム」を共同開発した。切羽の監視カメラから得るライブ映像を常時AIで判定させ、穿孔(せんこう)・装薬、発破、ずり搬出、吹き付けなど「掘削サイクル」の作業を正確に把握できる。従来は断片的に得ていた作業の情報を集計データから日々分析・改善し、施工能力の向上につなげられる。

 同システムはネットワークカメラ、クラウドサーバー、複数パソコンから成る。ライブ映像とAIの判定結果はクラウド上に転送・蓄積され、現場に加え本社・支社の支援部署でも閲覧、判定結果の確認・修正が可能だ。

 修正した判定結果を支援部署の学習用パソコンに送り、教師データとして学習モデルを作成・更新。これを使いAIを随時教育し、判定精度を高める。また、自動判定した作業内容に応じて換気設備など坑内設備の出力を最適化し、使用電力量を削減できる。

日刊工業新聞2018年9月12日

日刊工業新聞 記者

日刊工業新聞 記者
09月15日
この記事のファシリテーター

西松建設は共同開発中の「山岳トンネルAIソリューション」に開発品を取り込み、山岳トンネル工事の課題解決を推進する。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。