スズキ「ジムニー」、月産能力を1.5倍に増産

2019年1月から7000台に

 スズキは2019年1月をめどに湖西工場(静岡県湖西市)の生産ラインを増設し、軽4輪駆動車「ジムニー」と小型車「ジムニーシエラ」を合わせた月産能力を約1・5倍の7000台に引き上げる。ジムニーは7月に約20年ぶりに全面改良し、発売1カ月で年間販売目標を超える注文を受けた。現在も多数のバックオーダー(繰り越し注文)を抱えており増産で納期を短縮する。

 スズキは販売好調なジムニーを増産することは表明していたが、具体的な台数規模は検討中としていた。

 現在、湖西工場は月産能力約4000台のラインをフル稼働してジムニーを生産しているが、納期が約1年となっている。年内にはインド、パキスタンなどへの輸出を始める計画もあるため、増産体制を整えることにした。ジムニーの国内年販目標は、シエラを含めて1万6200台。7月の国内販売実績は約6000台だった。

 ジムニーは約20年ぶりの全面改良ということもあり、国内では初期受注が極端に伸びたが、今後の平準化が予想される。鈴木修スズキ会長は「平準化する国内に代わり、インドやパキスタンでこれまで以上に販売する」と、海外でも積極的に拡販する方針を示している。

(2018年9月13日)

梶原 洵子

梶原 洵子
09月13日
この記事のファシリテーター

約20年ぶりの全面改良を待ちわびていたファンも多いジムニー。趣味性の高いクルマだと思いますが、初期段階の購入者へ納入した後にどれだけ好調が続くか注目されます。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。