新型「カムリ」はBMWに比肩する美しさ。これで売れなければ…

主力マーケットの米国では、中型セダン市場は規模縮小が著しく

 トヨタ自動車は10日、新型セダン「カムリ」を全面改良して発売したと発表した。新設計思想「TNGA」をエンジンや変速機などのパワートレーンも含めて全面採用した第1弾車種となる。国内ではハイブリッド車(HV)仕様を販売し、燃費はJC08モードでガソリン1リットル当たり33・4キロメートルとクラストップレベルを実現した。価格は329万4000―419万5800円(消費税込み)。月間2400台の販売を目指す。

 従来のトヨタカローラ店に加え、トヨペット店、ネッツ店の3チャンネルを通じて販売する。国内生産は堤工場(愛知県豊田市)が担う。スポーツ多目的車(SUV)などへ需要がシフトする中、トヨタはグローバル量販車の新型カムリの投入を「セダンの復権」と位置付ける。走行性能の向上や室内空間の確保、予防安全装備の充実などを進めた。

 吉田守孝専務役員は「格好良くて、走りもワクワクドキドキさせる魂のこもったクルマに仕上がった」と強調する。米国では乗用車セグメントで15年連続販売台数トップとなっており、月間3万台超の販売継続を狙う。

<関連情報>
[https://online.nikkan.co.jp/{トヨタ自動車「話題のニュース}一覧]

2017年07月11日

COMMENT

中西孝樹
ナカニシ自動車産業リサーチ
代表

Camryは、まるでBMWのような美しさとエモーションを持ったスポーツセダンに進化した。新開発TNGA-Kプラットフォームに新開発のダイナミックフォースエンジンが組み合わされる。これで売れなければと言う程の出来栄えだ。とはいっても、主力マーケットの米国では、この中型セダン市場は規模縮小が著しい。Camryを米国で年間40万台を販売するトヨタにとって、市場の活性化、セダンの復活を実現させる、渾身込めたモデルである。

関連する記事はこちら

FEATURE