【閲覧数トップ5】2018年に最も読まれた「テクノロジー」の記事

 ロボットや人工知能(AI)、通信など、テクノロジーが活躍する舞台は日を追うごとに拡大しています。技術開発をテーマに、ニュースイッチ内で多く読まれた記事を紹介します。 5位   統計数理研究所(統数研)の樋口知之所長に、人工知能(AI)やビッグデータ(大量データ)を扱う人材の不足について伺いました。データの活用に興味を示す企業が増える中で、人材育成の現状に迫ります。 4位   アサヒパワーサービスが開発した「free Parasol(フリーパラソル)」の試作機が、大きな注目を集めました。商用化は2019年度中を予定。下降気流(ダウンウォッシュ)による熱中症対策や、視覚障害者の利用などが期待できます。 3位   人気アーティストPerfume(パフューム)の3人が東京、ニューヨーク、ロンドンの3カ所でそれぞれダンスパフォーマンスを披露。各地の映像をリアルタイムで合成し、インターネットで配信する際に第5世代移動通信網「5G」が活用されました。 2位   電気自動車(EV)の実現に欠かせない技術に注目した連載企画「EVドミノ」。バッテリー編の第1回では、EV市場拡大のカギを握る「全個体電池」研究の最前線に立つ菅野了次教授(東京工業大学)にインタビューしました。 1位   大日本印刷が、AIを活用してモノクロの漫画データを着色するシステムを開発。海外に漫画を売り込もうとしている出版社の需要を見込み、自動翻訳サービスと合わせて利用を提案します。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集