世界で作って作って2800万台。ニッポン自動車メーカーの生産力

昨年の乗用車は4.7%増。三菱自を除く7社が過去最高

  • 0
  • 1
スバルの米国工場の溶接ライン
 乗用車メーカー8社が27日発表した2016年度の生産・販売・輸出実績によると、8社合計の世界生産台数は前期比4・7%増の2799万2388台となった。中国を中心とする海外需要の伸びに加え、日本国内も生産増加に転じたことを背景に8年連続で増えた。三菱自動車を除く全社が過去最高を更新した。

 国内生産は同2・5%増の887万6815台で、3年ぶりに増加した。三菱自とマツダ以外の6社が増加となり、日産自動車とダイハツ工業は2ケタ増を確保。

 日産は「セレナ」や「ノート」が好調だったほか、北米向けスポーツ多目的車(SUV)も伸びたことで3年ぶりに100万台を超えた。三菱自は燃費不正問題に伴う軽自動車の生産停止により、水島製作所(岡山県倉敷市)の生産台数が同38・3%減と落ち込んだことが影響した。

 海外生産は同5・8%増の1911万5573台。三菱自を除く7社が過去最高となった。SUBARU(スバル)は米国で旧カムリ生産ラインでのスバル車生産に加え、主力車「インプレッサ」の生産も開始したことで大幅に増加した。

 トヨタ自動車は北米や中南米などの生産が好調で、2年ぶりの増加。ホンダは中国生産が同20・3%増となり、海外全体で5年連続の増加となった。
                

日刊工業新聞2017年4月28日

COMMENT

明豊
デジタルメディア局
執行役員 DX担当

ダイハツを合わせると1000万台を超えるトヨタは組織やクルマづくりのあり方を大きく変えようと試みている。日産は三菱自と車台共通化に動き、中途半端な規模のホンダは最近、なかなかいいクルマが生まれない。一方で中堅のスバルやマツダはクルマづくりが評価されている。これまで「生産力」イコールほぼモノづくり力だった。そこに自動運転などが加わり、自動車メーカーの競争力は「モノづくり力」×「〇〇力」へと変質していくだろう。その〇〇は各社それぞれが今まさに探し続けている。

関連する記事はこちら

特集