移動シェアマッチサービスでオーバーツーリズム解消、京都観光向け実証

  • 0
  • 1

NearMe(ニアミー、東京都中央区、高原幸一郎社長)は、彌榮自動車(京都市下京区)と共同で、シェアリングによる移動の実証実験を始めた。アフターコロナに予想される京都のオーバーツーリズムの解消を見据え、実証実験「京都定額観光シャトル powered by nearMe.」の試験運行を実施する。

運行エリア内であれば出発地から目的地まで1人あたり500―1000円の定額で利用が可能。利用者が専用予約サイトで出発地や目的地、人数、利用希望日時を入力すると、人工知能(AI)が最適なルートの乗車マッチングを行う。ニアミーが展開する移動のシェアマッチングサービス「スマートシャトル」を元に開発した。

日刊工業新聞2022年9月20日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる