今、玄米クラッカーがシニア層に受けているワケとは

幸福米穀、2年で売り上げ3割増 Powered by SPRASH

  • 0
  • 1

幸福米穀(大阪府枚方市、北本武代表取締役)の、玄米クラッカー「ブラウンライスケーキ」の売上が増加している。2020年後半から増え始め、約2年で急増。22年上半期の売上高は1,613万円と対20年比較で約1.3倍に増加した。

米穀販売や穀物を用いたオリジナルブランドを展開する。売り上げ増加の背景にあるのは、コロナ禍による自宅での食事機会の増加と健康意識の高まりだ。ブラウンライスケーキは1枚35キロカロリーで、疾病予防につながる免疫ビタミンLPSや白米の約5倍の食物繊維を含む。健康や美容意識の高い女性から好評で、特に60~70代の利用が多いという。

利用者からは「味も美味しく炊いたものより食べやすい」、「パン代わりに食べているが、低カロリーで嬉しい」との声がある。玄米は炊飯では習慣化しづらい部分もあるが、ブラウンライスケーキはそのまま食べる以外にも、食材を乗せたりサラダに入れたりとアレンジも可能だ。

北本代表は「玄米食をより手軽に継続して、食習慣になれば嬉しい」と語る。今後は、米の栄養価の90%を含む米ぬかなどの素材を用い、完全栄養食の商品開発にも取り組むという。

ニュースイッチオリジナル

特集記事

Bizインフォスクエア 掲載企業一覧 (2022年08月23日公開)
「電力難民企業」も…高圧から低圧への切り替え需要が高まっている理由 (2022年08月24日公開)
AI Infinityの検索サービスが好評、最適なマッチング実現 (2022年08月24日公開)
前年比6倍増!タワマン特需に沸くエアコン交換工事 (2022年09月06日公開)
今、玄米クラッカーがシニア層に受けているワケとは (2022年09月06日公開)
グローバルキャスト、メタバースでコンテスト 小・中・高校生らICTの腕競う (2022年09月07日公開)
タイムスリップのような体験ができる!?セントラルテクノが新サービス (2022年09月28日公開)
天然ダイヤと見た目が同じ 合成ダイヤの人気が高まるワケ (2022年09月28日公開)

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる