トヨタの新型「クラウン」第一弾、9月1日発売

  • 0
  • 1

トヨタ自動車は、旗艦モデル「クラウン」の新型車を9月1日に発売する。8月末から堤工場(愛知県豊田市)で、9月中旬から元町工場(同)で、セダンとスポーツ多目的車(SUV)の特徴を併せ持つ「クロスオーバー=写真」の生産を始める。デザインや車形を一新した16代目クラウンで、顧客層を広げられるかが注目される。

クロスオーバーは全モデルがハイブリッド車(HV)で、価格は435万―640万円(消費税込み)。まずは標準モデルで排気量2500ccの「Gグレード」の生産を始める。7月の新型車発表時は、さらなる品質確認が必要という理由で発売時期を秋頃とし、明言していなかった。

残るSUV「エステート」や「スポーツ」、「セダン」は今後1年半かけて順次発売する予定だ。

日刊工業新聞 2022年8月18日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる