模擬的太陽光で体内時計を修正、ウエアラブル型装置に期待される効果

  • 1
  • 0
ルーチェグラスの着用イメージ

電制コムテック(北海道江別市、田上寛社長)は、ウエアラブル型の高照度光照射装置「ルーチェグラスLG2モデル」の一般向け販売を9月に始める。睡眠不足によりだるさや夜中にも目が覚めるといった悩みをもつ人のため、室蘭工業大学と共同開発した。体内時計を正常にするため、1万ルクスの模擬的な太陽光を照射する。

これまでは医療機関向けに販売を限定していたが、睡眠トラブルに悩む人から多くの要望が寄せられており、一般販売に踏み切ることにした。1月には電制コムテックと北海道大学の山仲勇二郎准教授が共同で効果と有用性に関する論文を発表した。

日刊工業新聞2022年8月11日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる