トヨタが小学生に脱炭素の出張授業

  • 0
  • 1

カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)を楽しく学んで―。トヨタ自動車は14日、レゴランド・ジャパン(名古屋市港区)や中部電力と合同で、名古屋市東区の市立東桜小学校で出張授業を実施した。レゴブロックを活用しながらカーボンニュートラルの意味や温暖化の仕組みなどを学ぶ内容で、トヨタはモータースポーツ活動を行う「トヨタガズーレーシング」が水素エンジン車などを紹介した。

6年生33人が授業に参加した。未来のエネルギー源を考えるテーマでは、笑いや脈拍など、生徒が提案したさまざまなアイデアをレゴブロックを使いキャラクター化した。

講師を務めた石浦宏明ドライバー(写真中央)は「想像以上に反応がよく、伝わった感覚がある」と手応えを示した。GR車両開発部の高橋智也部長は「一人ひとりが考えることが大切。そのきっかけとなれば」と期待を寄せた。

日刊工業新聞2022年7月15日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる