トヨタが「レクサスUX」に設定、二つの特別仕様車の中身

  • 0
  • 1

トヨタ自動車は、高級車ブランド「レクサス」の小型スポーツ多目的車(SUV)「UX=写真」を改良して発売した。ガソリンエンジンとハイブリッド車(HV)の2モデルを用意。ボディー剛性を向上するなど走行性能を高めたほか、予防安全や先進機能を拡充した。またスポーツ性能を高めたモデルと上質さを追求したモデル、2タイプの特別仕様車も新たに設定し、同時発売した。

国内月販目標は約570台で、うち特別仕様車は同215台。価格は400万3000―553万3000円(消費税込み)。スポット溶接打点を20点追加しボディー剛性を強化したほか、スマートフォンでドアを開閉できるデジタルキーに対応する。予防安全では交差点右折時に対向車なども検知できるようにした。

特別仕様車ではスポーツタイプの「Fスポーツ・エモーショナル・エクスプローラー」で、専用の塗装やシートを装備。上質さを重視した「グレースフル・エクスプローラー」は、専用色をシートやドアトリムなどに設定した。

日刊工業新聞2022年7月13日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる