電力需給逼迫の今夏は、「ウェザーニュース」で電力需給予報をチェック

  • 0
  • 1
利用イメージ

ウェザーニューズは夏の電力需給逼迫(ひっぱく)の懸念を受け、天気アプリケーション(応用ソフト)「ウェザーニュース」で「電力需給予報」を緊急公開した。エナジーフォーキャストセンターによる独自の電力需要予測と電力会社から発表される電力供給力のデータを基に、電力逼迫度を時系列で予報する。

電力需給の予測は電気事業者にサービスを提供してきたデータ分析技術や需要予測の知見を活用して開発した人工知能(AI)モデルで算出している。

AIモデルには最新の電力データと気象データを30分ごとに取り込むことで、電力需要を算出。また、アプリのユーザーから送られてくる1日約18万通の天気や体感の報告を活用して予測精度を高めている。

今回提供する電力需給予報ではユーザーが居住する電力エリアの逼迫度合いを時系列で確認でき、電力需給が特に厳しい時間帯が分かるため、節電に取り組む際に参考にできる。

日刊工業新聞 2022年6月30日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる