1日47本運行「西九州新幹線」開業へ

  • 0
  • 0

JR九州は9月23日開業予定の西九州新幹線で、1日当たり上下計47本を運行する。1時間当たりでは朝夕の通勤時間帯に片道2本、日中は同1本を設定する。開業区間の武雄温泉―長崎(全5駅)のうち、途中で諫早駅のみ停車する最速型を7本、新大村駅にも停まる速達型を12本とする。同区間を最速23分で結ぶ。

大阪・博多方面との利用に加えて、長崎県内の通勤通学ニーズも意識したダイヤを組んだ。博多―長崎間の所要時間は最短1時間20分、新大阪―長崎間(博多駅乗り換え)では同3時間59分と現状比30分短縮となる。

在来線の博多―武雄温泉間は特急「リレーかもめ」を運行し、新幹線と接続する。武雄温泉駅では、対面式ホームにより3分ほどの所要時間で新幹線と在来線を相互に乗り換えできる。切符は従来4枚必要だが1枚にまとめて利便性を高める。

日刊工業新聞2022年6月15日

キーワード
西九州新幹線 JR九州

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる