竹中工務店が開発「エアロゲルガラスパネル」の性能

  • 1
  • 16
エアロゲルガラスパネルを窓部分に設置し、空調・照明エネルギーを低減した

竹中工務店は新光硝子工業(富山県砺波市)とエアロゲルガラスパネルを共同開発した。透光性と断熱性を備えた半透明の軽量素材「エアロゲル」を窓部分に使うことで、空調、照明のエネルギーを削減できる。竹中の北海道地区FMセンターに初めて適用し、ブラインド付き高性能ガラスを使ったオフィスと比べて10―20%のエネルギー削減を確認した。2023年までに既製品のサッシに設置できる厚さのガラスパネル開発を目指す。

エアロゲルは海外で窓に利用する事例があったが、長期に性能を維持することが難しかった。今回開発したエアロゲルガラスパネルは、ガラス内部の空気圧を一定にして、透光板の膨らみによるゲル層の沈降を防ぎ、長期に面状のエアロゲル層を維持できるようにした。

エアロゲルガラスパネルを窓部分に設置し、空調・照明エネルギーを低減した

また、エアロゲルの表面に白色粒子を付着させ、その量を変えて透光性のバリエーションを増やした。例えば、建物内の用途や方位に合わせて日射を抑制し、まぶしさや温度環境を最適に制御する透光性を選択できる。同センターでは5通りの透光性が採用された。

日刊工業新聞 2022年5月12日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる