トヨタ初のEV専用車「bZ4X」、販売価格が決まった!

  • 0
  • 1

トヨタ自動車は初の電気自動車(EV)専用車「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)=写真」について、サブスクリプション(定額制)サービス「KINTO」での販売価格を月額8万8220円(消費税込み)からに設定した。契約期間は最長10年で、最初の4年は国の補助金を適用した場合の価格。追加オプションは含まない。契約時には別途77万円(同)の申込金も必要になる。

12日から、年内をめどに納車する分として3000台分の申し込みを受け付ける。販売は計画台数に達し次第終了し、2回目の受け付けは秋口を予定しているという。国内では売り切り型ではなく、サブスクサービスのみで販売する。

利用料には自動車保険や自動車税、維持管理費用などのほか、電池性能の保証や、車の状態を遠隔管理するコネクテッドサービスの費用も含まれる。

契約5年目以降は中途解約金がかからないほか、月額利用料も段階的に安くなる仕組み。10年目の利用料は月4万8510円(同)からとなる。

日刊工業新聞2022年5月10日

キーワード
トヨタ 電気自動車 EV

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる