米マイクロソフトの支援獲得したスタートアップ、評価されたサービス

  • 0
  • 1

sweeep(東京都渋谷区、村山毅社長)が、米マイクロソフトの提供するスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択された。請求書の回収から仕訳、振り込み、保管など経理の業務を効率化する請求書自動化人工知能(AI)サービス「sweeep」が評価された。

同プログラムを通じて、受取請求書におけるAI開発をさらに推進する。従来のAI―OCR(人工知能を使った光学式文字読み取り装置)による文字読み取りや学習機能の精度を向上させるほか、経理業務や保管業務における自動化範囲の拡大を見込む。

日刊工業新聞2022年5月6日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる