ホンダが都心で自動運転サービス開始へ一手

  • 1
  • 6

ホンダは2020年代半ばに東京都心で自動運転による移動サービスを始める。タクシー事業を手がける帝都自動車交通(東京都中央区)、国際自動車(同港区)と提携し、サービス設計や関連法令、事業者間の役割、責任分担などについて検討する。都市部における安全性や快適性の高いオンデマンド型無人移動サービスの提供につなげる。

ホンダは21年に一定の条件下で自動運転が可能な「レベル3」機能を搭載した車両を発売した。自動運転によるサービス事業では、緊急時もシステムが運転を担う「レベル4」の実現を目指す。

現在、米ゼネラル・モーターズ(GM)、米GMクルーズホールディングスと、自動運転サービス専用車両「クルーズ・オリジン=イメージ」を共同開発している。交通事業者や自治体などと連携し、都心でのサービス開始に向けて自動運転技術の実証実験などを実施する方針だ。

日刊工業新聞2022年4月26日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる