ウイルス99%不活化、曲げられる透明ヒーターのスゴい性能

  • 2
  • 1

ダイセルは河村産業(三重県四日市市)、産業技術総合研究所と共同で、曲げられる透明ヒーター(写真)を開発した。樹脂シート内部に熱線を埋め込んだ。通電30分後に表面に付着したインフルエンザウイルスが99%以上不活化し、60分後に不検出となったことを確認したという。消毒液噴霧の手間が減らせる飛沫(ひまつ)拡散防止板や窓ガラスのくもり止め、融雪などの用途での展開を見込む。

透明ヒーターはダイセルの銀ナノ粒子インクを活用した。通電から1分で表面温度が約60度Cまで上昇し、安定する。電気を切ると1分で表面温度が40度C以下まで低下する。

日刊工業新聞2022年4月15日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる