ペットボトルを再資源化、キリンとウエルシアが挑む実証実験の仕組み

  • 0
  • 0

キリンホールディングス(HD)は、ウエルシア薬局(東京都千代田区)とペットボトルのリサイクル実証実験を6月から始める。ウエルシア薬局の埼玉県内の190の店舗に設置した回収ボックスで使用済みペットボトルを回収、分別し、キリンビバレッジがリサイクラーに供給して再原料化。再生PET(ポリエチレンテレフタレート)を使用した飲料を製造し、リサイクル工程を管理する。

実証実験ではウエルシアの店頭に設置した回収ボックスで集めたペットボトル回収量などを、協力会社のアライン(東京都千代田区)のオンラインシステム上で可視化。店舗ごとの回収量やリサイクラーへの搬入量をリアルタイムに把握することができる。

回収したペットボトルはウエルシアの物流拠点に集め、リサイクラーの遠東石塚グリーンペット(茨城県境町)で再生PET原料に再原料化する。

日刊工業新聞2022年3月24日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる