トヨタがレクサス「CT」の生産を終了する背景事情

  • 0
  • 7
CTの特別仕様車

トヨタ自動車は、高級車ブランド「レクサス」のハッチバック車「CT」の生産を2022年10月に終了する。レクサスブランド全体で顧客ニーズへの対応や魅力についてより一層の向上を図るため、商品群を総合的に見直した結果だという。

CTはハイブリッド車(HV)専用のハッチバック車として環境性能の高さや俊敏な走行性能などが特徴。11年の発売から約65の国・地域で累計約38万台を販売してきた。

トヨタはCTの特別仕様車を発売した。外装はフロントグリルなどに専用のシルバー塗装を施して上品なスタイルに仕上げた。

内装ではシートのデザインなどを工夫して上質さを際立たせた。ステアリングヒーターやシートヒーターも標準装備して快適性を高めた。

特別仕様車の価格は422万3000円(消費税込み)。

日刊工業新聞2022年3月4日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる