耐水性は40倍以上、全固体電池向け窒素含有硫化物固体電解質を実用化へ

GSユアサが開発

  • 1
  • 9
イメージ写真

GSユアサはイオン伝導度と耐水性を高めた全固体電池向け窒素含有硫化物固体電解質を開発したと発表した。物質の性質を計算する第一原理計算を用いて、最適な材料を効率的に選定。全固体電池製造時のハンドリング性向上や製造コスト低減が期待できる。全固体電池はロケットや衛星などの特殊用途から展開する計画。2020年代の実用化に向け、さらに改良していく。

今回開発した電解質は、耐水性に優れる窒化リチウム以外の新たな窒化物とハロゲン化合物を硫化物と組み合わせた。これにより、イオン伝導度は同社従来品比2倍以上、耐水性は同40倍以上向上した。第一原理計算によって30以上の窒化物候補材料から最適な材料を選定し、開発の短縮にもつながった。


【関連記事】「全固体電池」市場で勝ち残る電子部品メーカーはどこだ!?

日刊工業新聞2021年11月19日

関連する記事はこちら

特集