「売らない店」b8taが渋谷に新店舗、カフェスペースも併設

  • 0
  • 0

b8ta Japan(東京都千代田区)は、11月15日に渋谷にb8taの新店舗をオープンする。国内3店舗目となる「b8ta Tokyo – Shibuya」は、新たにカフェスペースを設け、既存店舗では取り扱いが少なかった食品カテゴリーの出店を企業に促し、試飲や試食のニーズに応える。

【b8taとは?】EC全盛期の昨今、実店舗の価値とは何か。「売らない店」の魅力から考える

また、デンソーウェーブと協働し、「3D―LiDAR(ライダー)」というセンサーを活用した人流データ計測による店頭マーケティングの実証を開始する。カメラ画像を使用しないため、プライバシーを侵害せずに人流データを収集できる。今後、b8ta店舗における人流計測システムとしての活用を目指す。同実証は11月15日から1年間実施する予定。

一方、新店舗では店舗限定のアプリを新たに開発した。商品紹介のQRコードをアプリ内で読み取ることで、店内で商品情報を閲覧でき、アプリ上で商品に関するアンケートに回答することで、店内で利用できるクーポン等の獲得が可能。アンケート内容は出品企業がカスタマイズでき、利用者からのフィードバックを得られる。

同店舗には日産自動車、ロート製薬、キヤノンマーケティングジャパンなどが出店する。

ニュースイッチオリジナル

キーワード
b8ta

関連する記事はこちら

特集