日用品の使用済み詰め替えパックをリサイクル、花王・ライオン・ウエルシアが挑む実証の中身

  • 0
  • 0

花王、ライオン、ウエルシア薬局(東京都千代田区)、ハマキョウレックスは、日用品の使用済み詰め替えパックを対象としたリサイクル実証実験を共同で30日に始める。都内など計28カ所で回収して再生。プラスチック包装容器の循環型社会の実現に向け効果的な回収システムの構築を目指す。

ドラッグストア大手のウエルシア薬局は本社ほか都内20店舗、埼玉県内7店舗に回収ボックスを設置。消費者にリサイクルを実感してもらう。初年度1・2トンの回収を見込む。

回収するのは洗剤やシャンプーなどの使用済み詰め替えパック(フィルム容器)でメーカーは問わない。物流を担うハマキョウレックスが商品配送の帰り便で集荷し、環境負荷を抑えた物流プロセスを検討する。構築した回収モデルは他の地域にも拡大を考える。

花王とライオンは共同で、回収容器をブロックなどに再生するほか、再びフィルム容器に使う水平リサイクルに向けた技術検討や再生しやすいフィルム容器の設計を目指す。

日刊工業新聞2021年10月28日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる