無人散水車と無人ダンプトラックを同時制御。コマツが鉱山向けに導入へ

  • 1
  • 0
大型オフロードダンプトラック「HD785-7」をベースにした無人散水車(イメージ)

コマツは大型ダンプトラックをベースにした無人散水車を開発した。鉱山向け無人ダンプトラック運行システム(AHS)上で、積載量91トンの大型オフロードダンプトラック「HD785―7」に無人散水のコンポーネントと散水制御のプログラムを組み込んだ。運搬用無人ダンプトラックと無人散水車の同時制御が可能になる。鉱山現場の安全性と生産性を向上する新ソリューションとして、2022年の市場導入を目指す。

鉱山現場では周辺環境への影響が大きい粉塵が大量に発生する。そのため、ダンプトラックをベースにした散水車が走行路で散水を行い、粉塵量を管理している。

現状の有人散水車の場合、運転手が走行と散水制御を同時に操作する必要があるため運転ミスが生じやすい。また、散水量や散水箇所も運転手の判断に委ねられてしまうため、同じ場所に繰り返し散水されてしまうなどの問題があった。

無人散水車はこれらの欠点を解消。走行経路に沿った安全な自動運行に加え、最適な散水量制御や履歴管理を行うことで生産性向上が可能になる。


【関連記事】 建設会社・建機メーカーが大注目する異色のレンタル会社

日刊工業新聞2021年9月21日

キーワード
コマツ

関連する記事はこちら

特集