鉄道用に「プラズマクラスターイオン発生機」、シャープが開発

  • 1
  • 1
鉄道車両用プラズマクラスターイオン発生機の設置イメージ(シャープ提供)

シャープは、川崎重工業などと共同で既存の鉄道車両への設置用となる高濃度イオン空間を形成するプラズマクラスターイオン発生機(イメージ)を開発した。衛生意識への高まりを受け、鉄道車両に搭載する空気浄化機器の需要に対応する。

標準的な全長20メートルの車両に6台以上搭載することで空気浄化に有効なイオン空間を実現。12台搭載でより高濃度のイオン空間を創出できる。吊り手の上部に設置できるため、大規模な設置工事が不要で既存車両に導入しやすい。

価格や納入先、納入台数は非公表だが、国内の鉄道事業者から受注済みで実車両への搭載に向けて調整している段階だ。

シャープが同機器の提供やイオン濃度の最適化検討、川重が鉄道事業者への販売、川重車両テクノ(神戸市兵庫区)が設置工事などをそれぞれ担当する。

関連する記事はこちら

特集