サッポロが「エビス」に新商品、減税追い風にビール拡充

  • 1
  • 0
サッポロビール「エビス ホップテロワール」

サッポロビールは、ビール「エビス」ブランドから「ホップテロワール=写真」を11月24日に数量限定で発売する。ドイツ・バイエルン産のアロマホップを使用し、苦みと香りを最大限引きだせるように、3回に分けて添加した。消費税抜きの価格は350ミリリットルで248円。高価格のプレミアム商品として展開し、2021年12月末までに10万ケース(1ケースは大瓶20本)の販売を目指す。

サッポロは新たにエビスブランドを従来の通年商品などを中心とした「スタイルライン」と、「ディスカバリーライン」の二つにカテゴライズ。ホップテロワールはディスカバリーラインの第1弾商品となる。

サッポロは酒税改正による減税の影響で、26年のビール市場が19年比で約8%拡大するとみており、黒ラベルとともにエビスにも注力し、商品の拡充を図る。

日刊工業新聞2021年9月16日

関連する記事はこちら

特集