開放感あふれる「ジープ」の限定車。2ドアと手動式ソフトトップが特徴

  • 0
  • 0

FCAジャパン(東京都港区、ポンタス・ヘグストロム社長)は、スポーツ多目的車(SUV)「ジープ」ブランドに限定車「ラングラー・ルビコン・ソフトトップ=写真」を設定して24日に発売する。通常は選べない2ドアと手動式ソフトトップの組み合わせを採用。価格は622万円(消費税込み)。

オフロードでの取り回しやすさと開放感が特徴。装備は4ドア仕様のラングラー・ルビコンに準じた。サイズは全長4320ミリ×全幅1895ミリ×全高1875ミリメートル。外装は特別色「サージグリーン」を採用したほか、ブランドの誕生年にちなんだロゴも入れた。

日刊工業新聞2021年7月19日

キーワード
FCAジャパン

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる