「ジープ」はアウトドア需要が追い風に。ステランティスの7ブランド国内販売が過去最高に

  • 0
  • 0
「ジープ」はアウトドア需要を追い風に販売を伸ばした

欧州ステランティスは、傘下の7ブランドの2021年上期(1―6月)の国内販売台数の合計が、前年同期比46%増の2万4505台と過去最高だったと公表した。アウトドア需要を追い風にした「ジープ」、新型車が好調の「シトロエン」が上期販売の過去最高を更新した。

7ブランド中6ブランドが前年同期を上回った。ジープは同28%増の7372台。シトロエンは20年発売のミニバン「ベルランゴ」が好調を維持し同76%増の3427台だった。例年、上期よりも下期の販売台数が多いため年間台数の記録更新にも期待が持てるという。下期はジープのスポーツ多目的車(SUV)「コンパス」の新モデル型の販売が期待できるという。

日刊工業新聞2021年7月16日

関連する記事はこちら

特集