ベンツ「マイバッハ」に初のSUV。その実力は?

  • 0
  • 2
マイバッハ初のSUVとなる「メルセデス・マイバッハGLS 600 4MATIC」

メルセデス・ベンツ日本(東京都品川区、上野金太郎社長)は1日、サブブランド「マイバッハ」で初のスポーツ多目的車(SUV)「メルセデス・マイバッハGLS 600 4MATIC」を発売したと発表した。価格は2729万円(消費税込み)。セダンと同水準の高級感や居住性を確保し、高い走行性能も実現したという。

同日都内で会見した上野社長は、予約状況について「2021年分の販売が足りなくなるほどだ」と手応えを示した。今後の受注分は2022年春以降に配車される見通し。

21年はマイバッハシリーズ第1号の誕生100周年。同日、初めて全面改良した最高級セダン「メルセデス・マイバッハSクラス」の先行予約の受け付けも始めた。価格は2648万円から(同)。

日刊工業新聞2021年7月2日

関連する記事はこちら

特集