「GIGAスクール構想」の業務を規定。JSAが学校ICT支援サービスを規格化

  • 0
  • 2
学校におけるICT活用支援サービスに関する規格(イメージ)

日本規格協会(JSA、東京都港区)は新規格「学校におけるICT活用支援サービスに関する規格=イメージ」を発行した。情報通信技術(ICT)活用支援サービスに関する用語の定義やICT支援員・管理責任者の要件、業務などを規定した。内田洋行と子会社のウチダ人材開発センタ(東京都墨田区)が、ICT支援員の養成実績と支援員自身の経験などを基に情報を提供して策定に協力した。

同規格は文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」における学校のICT活用支援サービスに関する要求事項を規定するもの。範囲は教職員と学生のパソコン操作支援やネット環境トラブル、教材作成など幅広い。

ウチダ人材開発センタは2004年から小中学校向けICT支援員サービスを提供しており、ICT支援員の業務範囲の規定が必要として同規格の策定を起案した。

日刊工業新聞2021年6月25日

キーワード
日本規格協会

関連する記事はこちら

特集