精神疾患の休職者をオンラインで復職支援。国内で初めて本格展開する事業の中身

  • 0
  • 2
復職を目指す人と専門員が週1回オンラインで面談する

SOMPOヘルスサポート(東京都千代田区、平塚徹社長)は、うつ病などの精神疾患による休職者の復職をオンラインで支援する事業を強化する。セミナーの開催やウェブプロモーションを増やし、オンラインサービスの認知度を高める。復職に向けたプログラムの内容も充実させる。4月に事業を開始したが当初は体制を整備するため、企業への提案を制限していた。採用はまだないが、2021年中に50人程度に常時サービス提供している状態を目指す。

SOMPOヘルスサポートによると、オンラインでの復職支援サービスを事業として本格展開するのは国内初という。「実績がないサービスであるため、導入に慎重な企業が多い。ただ関心を持つ企業は増え、10―20社が導入を検討中」(恩田拡行執行役員)と今後の導入を期待する。

同サービスでは復職に向けたプログラム作成や週1時間のオンライン面談を臨床心理士などの専門員が担当する。体力、対人、認知・判断の各機能を回復するために読書、散歩、eラーニングなどの課題に取り組んでもらう。「各人に合ったプログラムを組み立てられることが強み」(同)と指摘。オンライン面談は時間や地理的な制約を抑え、全国同一のプログラムを提供可能。自宅でリラックスした状態で話しができる。プログラムは4、8週間コースを用意。4週間コースは復職できる状態になってもらうことを重視する。8週間コースでは、さらに休職の再発リスクを軽減させるプログラムも受けてもらう。

恩田執行役員は「オンラインでのメンタルヘルス支援は導入が進んでいる。その知見も生かし、プログラムを進化させたい」と話す。まずはセミナーやウェブ広告などで広く認知度の向上を狙う。

日刊工業新聞2021年6月1日

関連する記事はこちら

特集