車線変更が自動運転で楽になる「レクサスLS」と「MIRAI」、どちらのトヨタ車を買いたい?

「いかに安心して使ってもらえるかが重要」

  • 0
  • 0
新たな自動運転機能などを搭載した新型LS(左)、新型ミライ

トヨタ自動車は自動運転などの新たな運転支援技術を採用したモデルとして、高級車ブランド「レクサス」の新型「LS」を8日に、燃料電池車(FCV)の新型「MIRAI(ミライ)」を12日に発売する。トヨタ車として初めて走行時の車線変更などを自動運転で支援する機能を備え、ハンドルから手を離せる「ハンズフリー」を実用化した。最新のソフトウエアに自動で更新するOTA(オーバー・ジ・エア)機能も初めて持つ。

価格は新型LSが1632万―1794万円(消費税込み)、新型ミライが845万―860万円(同)。両車種は高度運転支援技術「トヨタチームメイト」「レクサスチームメイト」の新機能「アドバンストドライブ」を搭載する。

アドバンストドライブはカメラやレーダーを駆使し、実際の交通状況に応じシステムが一定の操作を判断する。運転者が確認・承認した上で車線変更や追い越しもできる。運転者の状態を監視し、脇見をしたり目を閉じていたりする時に警告する機能も備える。

8日のオンライン会見で、前田昌彦トヨタ執行役員は「人と機械の協調が大事。普段の運転スタイルと変わらないよう配慮し開発した」と説明し、「(ハンドル操作やスピード調整を支援する)自動運転レベル2という認識だが、レベル数ではなくいかに安心して使ってもらえるかが重要だ」と強調した。

日刊工業新聞2021年4月9日

キーワード

関連する記事はこちら

特集