トヨタ「レクサス」採用、瞬間調光ガラスがスゴい

  • 0
  • 0
ウムが量産国産車に初採用(Lexus International提供)

日本板硝子の瞬間調光ガラス「UMU(ウム)スマート ウィンドウ=写真」が、量産国産車の車室内向けとして初めてトヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」の「LM」の車室内パーティションに採用された。ウムスマート ウィンドウは電源のONとOFFで瞬時に“見える、見えない”が切り替わるため、車室内にプライベート空間が創造できる。

ウムスマート ウィンドウは、2枚のガラスの間に特殊な液晶シートを挟んだ合わせガラス。液晶分子は、普段は不規則に並んでいるために光を拡散し、不透視な状態だが、電圧がかかると整列し、光を通すため透視になる。この仕組みを応用して電源のONとOFFで瞬時に透視と不透視を切り替える。また、強靱(きょうじん)な中間膜で貼り合わせることで衝撃に強く、万が一割れても破片が飛び散らない安全なガラス設計とした。

日刊工業新聞2020年3月2日

キーワード
調光ガラス トヨタ

関連する記事はこちら

特集