東京でグアムの車両を運転、ソニーとドコモが5Gで遠隔操作成功

  • 0
  • 2
ソニーが開発した「ソーシャブルカート SC―1」を遠隔操作する実証実験

ソニーとNTTドコモは、米国のグアム島にあるエンターテインメント車両を東京都内から遠隔操作する実証実験に成功した。ソニーが開発した「ソーシャブルカート SC―1」と第5世代通信(5G)を利用。都内にいるドライバーは、イメージセンサーを搭載した車両から送られる周辺映像を見ながら操作した。海外からの車両操作は、時差を利用したオペレーションの実現につながる。

実証実験は都内にあるソニーの拠点と、グアムにあるNTTドコモ子会社の検証用屋外施設で実施した。ソニーによると日本と海外をつないだ実証実験は初めてで、ドライバーと車両の距離はこれまでで最も長い。東京都とグアムの距離は約2500キロメートル離れている。SC―1は車両の前後左右に人の視覚能力を超えるイメージセンサーを搭載。360度全ての方向に焦点が合わせられた映像を車内のディスプレーに映し出すことで、車両周囲の環境を一度に把握できる。

NTTドコモは実証で得た成果を生かし、海外での新たな旅行体験や移動体験の創出などエンターテインメント分野での価値創出を目指す。働き方改革などの社会課題解決にもつなげる。

キーワード
5G ソニー NTTドコモ

関連する記事はこちら

特集