ニトリとドコモがタッグ!スマートグラスで家具選びを疑似体験

  • 0
  • 1
MRスマートグラスを使い家具選び体験

色違いの棚もカタログなしですぐチェック―。ニトリ(札幌市北区)はグランフロント大阪(大阪市北区)に新設した法人向けショールームで、NTTドコモ提供の複合現実(MR)スマートグラスを使った商品提案の実証実験を始めた。来場者はデジタル空間に配置したシステムキッチンを疑似的に体験できる。

実証は8月末まで続ける。米マジックリープ製のスマートグラスを採用し、NTTドコモなどがコンテンツ制作を担当した。コントローラー操作で棚の色を変えられるほか、引き出しを開けて中をのぞき込み、食器がどのくらい入るか確認することもできる。

家具業界ではこれまでもスマートフォンを使った拡張現実(AR)体験サービスはあった。それに比べ今回のMRスマートグラスは、奥行き感をより忠実に再現できるという。

ニトリ担当者は「全てのラインアップを一つの場所で体験してもらえる」と期待を込める。NTTドコモは今後、家電業界なども視野に、同様の疑似体験ソリューションの事例を増やす考えだ。

キーワード
MR

関連する記事はこちら

特集