NECがオーストリアのPQCと量子アニーリング分野で協業

  • 0
  • 5
NECが開発中の量子アニーリングマシン

NECとオーストリアのパリエティ・クアンタム・コンピューティング(PQC)は、量子コンピューターを実現する方式の一つである「量子アニーリング」分野で協業する。

NECが2023年の実用化を目指して開発中の超電導パラメトロン素子を用いた量子アニーリングマシンに、PQC独自の量子ビット間結合技術「パリエティQCアーキテクチャー」を世界で初めて実装する。

これにより、金融ポートフォリオの最適化や、製造業における生産計画立案など、大規模な組み合わせ最適化問題に対応可能な実用的な量子アニーリングマシンの実現を目指す。

量子アニーリングでは計算を行う最小単位である量子ビットの数や、量子ビット間の結合数が増えるほど、より規模の大きな組み合わせ最適化問題を解くことができる。NECの超電導パラメトロン素子と、パリエティQCアーキテクチャーを組み合わせることで、理論的には全ての量子ビットが結合された「全結合」状態を維持したまま量子ビットの集積度を高めることが可能で、演算性能向上が期待できる。今回の協業では、量子アニーリングマシンの試作機を用いて理論を実証する。

日刊工業新聞2021年2月12日

関連する記事はこちら

特集