空気清浄機は9割増!11月の白物家電出荷は過去10年で最高額

  • 0
  • 1

家電製品の国内出荷が引き続き好調だ。11月の白物・黒物家電の国内出荷額が出そろい、日本電機工業会(JEMA)がまとめた白物の出荷額は前年同月比16・8%増の2011億円で、11月としては過去10年で最高額。電子情報技術産業協会(JEITA)がまとめた黒物の出荷額は、同18・3%増の1337億円だった。

白物家電は2カ月、黒物家電は5カ月連続で前年同月を上回った。新型コロナウイルス感染拡大による“巣ごもり消費”は根強く、白物家電は清潔意識の高まりという追い風もある。空気清浄機の出荷額は同94・3%増の143億円と、単月としては1986年以降で最高額を記録した。

白物家電の主要製品の出荷額はエアコンが同19・1%増の457億円、冷蔵庫は同15・6%増の320億円、洗濯機は同21・4%増の309億円だった。前年同月が消費増税の反動減で低調だった影響もあり、軒並み2ケタ増となった。

台数ベースではエアコンが同18%増の49万4000台、冷蔵庫は同9・7%増の26万台、洗濯機は同14・5%増の36万5000台。

薄型テレビなど映像機器の出荷額は、同6・8%増の652億円と2カ月連続で増加。薄型テレビの出荷台数は同25・2%増の51万3000台だった。

大型がけん引する構図は変わらないが、29型以下の出荷台数も同6・7%増に回復した。動画コンテンツの視聴環境の充実を求める動きが主な要因と考えられる。

日刊工業新聞2020年12月22日

関連する記事はこちら

特集