スズキがタイの2輪車販売体制を再編

  • 0
  • 0
スズキタイ公式サイトより

スズキはタイの2輪車販売体制を再編する。生産と北部エリアの販売を担当するスズキのタイ子会社の販売事業を、現地販売代理店と新設する合弁会社に移管する。販売は地域に根ざした現地代理店のノウハウを全土で生かし、子会社は生産に専念することで収益改善を図る。

新会社「スズキモトセールスタイランド(SMCT)」(ソンクラー県)は現地販売代理店のBANスズキが70%、スズキ子会社のタイスズキモーターが30%を、それぞれ出資する。資本金は3000万バーツ(約1億320万円)。タイスズキモーターが担当していた北部エリアの販売事業をSMCTに移管する。

日刊工業新聞2020年12月4日

キーワード
スズキ 自動車 タイ

関連する記事はこちら

特集