業績を上方修正したホンダ、4輪事業は“中国頼み"鮮明に

  • 0
  • 1
ホンダは電動車の品ぞろえを拡充している(八郷隆弘社長)

ホンダは6日、2021年3月期連結業績予想(国際会計基準)で、営業利益を8月公表比2200億円増の4200億円(前年同期比33.7%減)に上方修正したと発表した。中国を中心に4輪車の販売が、新型コロナウイルス感染拡大の影響から想定を上回るペースで回復。販売費抑制などコストダウン効果も織り込んだ。

売上高は同2500億円増の13兆500億円(同12.6%減)を見込む。4輪車の世界販売は同10万台増の460万台(同4.0%減)と上振れを計画。地域別では中国を含むアジアを同8万5000台増の220万5000台(同13.0%増)、日本を同1万台増の62万台(同7.7%減)に引き上げた。

倉石誠司副社長は同日のオンライン会見で今後の4輪販売の見通しについて基本は中国を中心に伸ばすとし、「中国では暦年で新車効果なども加えて前年を越える販売を目指したい」と述べた。

20年4―9月期連結決算は営業利益が前年同期比64.2%減の1692億円だった。コストダウン効果などにより、営業損益が1136億円の赤字となった4―6月期から黒字に転換した。

検討を進める米ゼネラル・モーターズ(GM)との北米での戦略的提携について倉石副社長は「基本的に資本提携をやっているわけではない」と指摘。電動化にかじを切ったGMとハイブリッド車(HV)を中心に進めるホンダは「互いのニーズが今一致しており、その中でお互いがウィン・ウィンになれることが前提で議論していく」と述べた。

日刊工業新聞2020年11月7日

キーワード

関連する記事はこちら

特集