ホンダ、軽トラ事業撤退の事情

2021年6月に生産終了

 ホンダは軽トラック「アクティ・トラック=写真」の生産を2021年6月に終了する。軽トラック事業から撤退となる。今後、軽トラックの安全や環境の法規制が強化され採算が悪化するとみて生産終了を決めた。

 アクティ・トラックは1977年に発売した。現在はホンダオートボディー(三重県四日市市)で生産している。長らくホンダの軽トラックとして展開していたが、最近ではダイハツ工業の「ハイゼットトラック」やスズキの「キャリイ」に販売台数で差をつけられていた。

 バンタイプの「アクティ・バン」は18年に生産を終了したが、後継モデルは軽バン「N―VAN」として18年7月に発売している。アクティ・トラックの後継車種は現時点で決まっていないという。

<関連記事>
数少ない白熱電球メーカー、100余年の生産に幕

日刊工業新聞2019年10月18日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。