トヨタがKDDIへ522億円の追加出資。「CASE」分野の開拓はどんどん深まる

  • 2
  • 13

トヨタ自動車は約522億円を投じ、KDDIに追加出資する。2021年1月末をめどにKDDIによる第三者割当増資を引き受け、トヨタのKDDI株の持ち株比率は、12・95%から13・74%になる予定。通信技術やコネクテッドカー(つながる車)技術、ビッグデータ(大量データ)を活用した新サービスなどを共同開発する。提携拡大に向け資本関係を強固にする。

トヨタはKDDIの母体の1社の設立を支援したこともあり京セラに次ぐ第2位の株主となっている。これまで車載通信機(DCM)の標準化やコネクテッドカーの通信プラットフォーム(基盤)の共同開発を進めてきた。

今後は第5世代通信(5G)やその次の第6世代通信(6G)規格を使って、自動車にとどまらず、人や街などあらゆるものがつながる次世代通信基盤などを開発する。KDDIの高橋誠社長は「取り組みを推進し、両社の企業価値を高めたい」とコメントした。

トヨタはCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)分野の深耕には、通信技術が不可欠と判断。通信事業者との提携を加速している。3月にはNTTと資本業務提携し、スマートシティー(次世代環境都市)の技術基盤の開発を推進。ソフトバンクとはMaaS(移動のサービス化)の提供会社を共同で設立した。

日刊工業新聞2020年11月2日

関連する記事はこちら

特集