キオクシアの半導体メモリー新工場、来春着工へ 

3次元フラッシュメモリー生産

  • 0
  • 3
キオクシアの四日市工場(第6製造棟のクリーンルーム)

キオクシア(旧東芝メモリ)は29日、2021年春にNAND型フラッシュメモリーの四日市工場(三重県四日市市)で新しい製造棟「第7製造棟(Y7棟)」の建設を始めると発表した。新棟計画は需要を見極めるために2期に分け、今回は第1期分を着工する。第1期分の完成は22年春を予定。

Y7棟の建築面積は2期合計で約4万平方メートルで、四日市工場の製造棟で過去最大規模となる。3次元フラッシュメモリーを生産する。その建設投資は営業キャッシュフローの範囲内で実施するという。搬入する製造設備については提携する米ウエスタンデジタルと引き続き共同で投資する方針だ。

Y7棟は生産システムに人工知能(AI)などを活用するほか、最新の免震構造や省エネルギー設備を導入する計画。


【関連記事】 中国のディープな半導体事情をすべて話そう

日刊工業新聞2020年10月29日

キーワード

関連する記事はこちら

特集