開発やまぬ新宿駅、小田急百貨店壊し西口に超高層ビル

小田急と東京メトロ

  • 0
  • 0
計画建物イメージパース(東京メトロの発表資料から)

小田急電鉄と東京メトロは9日、新宿駅西口の小田急百貨店新宿店を取り壊し、高さ約260メートル、延べ床面積約28万1700平方メートル規模の複合施設を建設すると発表した。2022年度にも解体に着手し、29年度の完成を予定する。同駅周辺では東京都や新宿区、鉄道事業者らによる一体的な再開発構想「新宿グランドターミナル」が打ち出されており、その第1弾となる。

複合施設は地上48階建てで、高層部にオフィス、中低層部に小田急百貨店が入る。多様な人が集う新宿の特性を生かし、アイデア創出から事業化まで1カ所で対応できるビジネス創発機能の導入も構想。事業費は未公表。

日刊工業新聞2020年9月10日

関連する記事はこちら

特集